馬と私とカフェ in ニセコ

ほとんど馬に乗った事が無かった私が始めた乗馬。 馬とふれあい、馬に乗れるようになりたくて頑張る日々を楽しくお伝えできればと思っています。

タグ: 馬

本日は雨なり・・・のニセコ。
カントリーファーム京極の馬たちは元気だろうか?
http://countryfarmkyogoku.com ←馬を見たい方はこちらを参照あれ!


雨が降ると気持ちまでしっとりするのだろうか?朝からなんとなく『夢』について考えてしまう。

子供の頃から私は夢を持っていなかった。
ごくごく普通の家庭に育った普通の子供だったのに、夢などみなかった。

『夢』は叶うかどうかかわからない。だから夢は見ない!目標を持つ。そんな心境だったのだろう。可愛くないね~。

大人になり様々な経験をするに伴いますます夢など見なくなり、それでも普通に暮らせると知った。

そんなある日、一人の男性に出会った。2回目に会った時に彼は『パイロットになりたい!』と語った。
小学4年生の時からの夢で、今はアメリカに行ってライセンスを取るために英語の勉強をしていると。

私が大人になってからそんな風に夢を語り、実現に向けて頑張っている人に会ったのは初めてだった。

夢の為に安定した今の生活全てを捨てる事などいとわないその人の強さに何故かショックを受けたが、そんな人に会っても私は夢を持てなかった。

いつしか私は彼の夢が叶う瞬間を見届けたいと思うようになり、彼と結婚し共に渡米した。
彼が必死で飛行機のライセンスをとる姿を見ながら、私も必死で働いた。共に頑張る事で彼の夢が私の夢にもなるような気がした。

彼は可能な限りのライセンスを取得し、アメリカでパイロットとして働く道も見えたが、結局その道を選ばなかった。

だけど、今も彼はパイロットになる夢を諦めてはいない。
双発機(セスナ)のクラブを作って仲間を集い、趣味で自由に空を飛ぶ事を計画している。
職業としてのパイロットではなくても、自分の力で自由に空を飛べれば彼の『パイロットになる』夢は叶うのだ。
そして、彼なら必ずそれが出来ると超現実主義者の私も信じている。夢を持っている人は強い!


そんな私にも夢ができた。
コテージやカフェを始めた時によく『夢が実現したんだね!』と言われたが、それらの事は私にとって夢ではなかった。その時にできることを考え、目標にし、多くの喜びを与えられながら達成しただけの事だ。

40歳を過ぎた私がいま望む事、夢見る事、それは『馬』だ。
自分で馬を飼うのはもちろんの事、馬の素晴らしさをたくさんの人に知ってもらい、馬に乗る事が特別な事ではなく、馬が身近にいて当たり前の日常になること。

子供達がサッカーをしたりピアノを習ったり、大人が趣味でスポーツを始めるその選択肢の中に『乗馬』が普通に存在するようになったら・・・。

私が乗馬をはじめてから、自分の人生が豊かになってきた様な気がする。
もちろん犬でも猫でも動物が身近にいる生活は、人の心を癒し、豊かにしてくれる。
私も子供の頃から犬やウサギや鳥を飼っていて、私の人格形成に大いに影響しているはず。

でも、馬ってすごい!何が良いのか私も上手く言い表せないけど、何かが違う。
競馬場には13万人なんていうすごい人数が観戦しにくる。
もちろんギャンブルとして楽しむ人が圧倒的だろうが、ただただ馬を見たくて行く人もたくさんいると聞いた。

馬がもっともっとたくさんの人に親しまれ、乗馬がもっともっと身近になれば・・・そして、ニセコ=『馬』となったら
どんなに素晴らしいだろう・・・と思います。

したい事、しなければいけない事、出来ることが増えてきました。
微力だけれど、ニセコで事業をしているものとして発信してゆきたいものが明確になってきた気がします。

あぁ~長っ!・・長すぎるよ今回は特に。勢いついちゃいましたスミマセン




















この2週間の間、びっくりするくらいいろいろな所に行ってきました。
函館、仕事で旭川に2回、千歳、札幌数回・・・と、車を運転しっぱなし。。

なかでも帰省した友人と行った函館は、ニセコにある『高野珈琲店』さんでお茶をしていた午後に急遽『行こう!』ということになり出掛けた女2人のプチ旅行♪
函館観光をしたり、大沼を見たり、話しても話しても尽きない車中はとても楽しく、深夜にニセコに戻ってもまだ話し足りないほど・・・。
私の人生に必要不可欠な存在であるその友人との時間は、自分らしく生きてゆく・・その確認の為の時間にもなっています。
私がカフェを始める時にも一番先に伝え、感想を求めた彼女。
スッキリとシンプルで私らしいカフェだと言ってくれた彼女の言葉がとても嬉しかったのを覚えています。

ニセコにはカフェがたくさんあります。
珈琲の美味しいお店、ケーキーの美味しいお店、たくさんの想いが詰まっているそれぞれのお店に時々寄せてもらいます。
先日も有島記念館近くにOPENした『SEED』さんに主人とお邪魔してきました。
随所にこだわりのある店内は、心地よい風が抜ける素敵な空間。
美味しいベーグルとラテでお腹も心も満たしてきました。
同業であるカフェには勉強の為でもあるけれど、単純にカフェが好きなのでお邪魔させてもらうようにしています。
ニセコにたくさんのカフェが出来るのは本当に嬉しい♪
今日はどこに行こうか?と悩めるほどたくさんのカフェがあれば良いですよね♪

私のカフェも事情があって長期休業していましたが、10月頃には営業を再開をしよう・・・と、今準備を始めています。

いまの夢は『馬のいるカフェ』!!

私が乗馬を始める前から営業している私のお店には、たくさんの馬の置物や馬の写真集が店内に置いてあります。
あまり考えていなかったけれど、馬が好きだったんですね♪ 私♪

のんびりとお茶を楽しみながら、大きな窓からはすぐ近くに馬が見える・・・そんな素敵なお店が出来たらどんなに幸せでしょう!

私の友人は『北海道に帰ってきて放牧されている牛を見るだけでテンションが上がる』と言っていました(笑)
カフェに馬がいたらもっとテンションを上げてくれることでしょう。

馬のいるカフェ・・・実現すれば嬉しいです。
(なんとなく)好きな武豊さんがオグリキャップに乗って登場!・・・なんてあるわけないか・・ですけど




CIMG0530

これはGWに十勝千年の森へ行った時の引き馬体験♪ 寒かったー。。
で、この馬の種類はなんだったろう? 

uma 001

これは昨年洞爺での引き馬体験。しかし乗馬を習いはじめるまでに何回引き馬体験をしただろうか?
ほんと、行く先々で乗って(引かれて?)おりました。
このときのお馬さんは白い無口を着けていました。かっこよかったなぁ~白い無口、汚れそうだけど・・・。







突如勃発?した娘のジンマシンのせいで、私一人での乗馬教室を泣く泣くお休みした本日。
(それにしても、もの凄いジンマシンでした・・・。何を食したのだろうか?わが娘。)


病院に行く為に学童を休んだ娘と家の中でごろごろする羽目になってしまったので、先日やっと手に入った書籍(?漫画ですけど・・・)おがわじゅりさんの『元競走馬おれっち』を何度も読んでしまいました。
漫画などを読むのは何十年ぶりだろう?と言う感じですが、これがまた面白いのなんのって!

乗馬をはじめて間もない私にとってはバイブルのようになりつつある・・・書籍です(漫画ですけど・・・)。

馬の気持・人の気持・その両方のやり取りが面白おかしく描かれているこの本は、最近読んだ本の中で一番夢中になって完読しました。。。(漫画ですけど・・)しばらくは何度も読み返すこととなりそうです♪♪


本屋さんに行ってもあまり馬の本って置いてなくて、なかなか良い本に巡り合うことができません。
なので結局ネットでの購入となってしまうのですが、出来れば中をぺらぺらと捲って確認してから購入したいものです。

何でもネットで購入する事が増えたのは田舎生活のせいなのか?時代のせいなのか?

この間も乗馬用の長靴をネットでお買い上げ!
ためし履きが出来ないのでちょっと迷いつつも『欧米では乗馬練習用として履かれている・・・』と言うくだりに惹かれて購入してしまいました。
ちなみにネットでは『おしゃれなレインブーツ』となっておりましたが・・・。


それにしても・・・
あぁ~いつの日か自宅のデッキで『自分の馬』を眺めながら、珈琲片手に本を読めたら・・・。幸せだろうなぁ~♪
私『♪おーい、ポチ♪←馬の名前(仮名です)』 
馬『♪はーい♪(遠くからすたすたと歩み寄る)』なんて日を夢見て








このページのトップヘ